« 2006年07月 | メイン | 2006年09月 »

2006年08月29日

デスノート

『DEATH NOTE』(デスノート)は、2003年12月~2006年5月まで「週刊少年ジャンプ」で連載された漫画です。
映画を見て興味を持った旦那が、全12巻!“大人買い”してきました。^^;
まぁ、そぉいう私が一番興味が有ったんですけど、中古本を探しても無いし新品は高いし…と手を出せずにいた訳で。

で、2日かけてやっと読破しました。裏の裏の裏の…などと戦略を考えながら読んでると カナリ時間を食います。文字も多いし。
映画よりやっぱり原作の方が面白いかな。σ(^_^)的には。

最終巻を読む前に、旦那に私なりの結果の推理をしました。んで的中!
こうならなきゃ話も終わらないという観点での推理なんですが、読んでない方の今後のために内容は敢えて書きません。
実際、アレがまかり通るような社会になったら…犯罪の無い平和な世界になるのかもしれない。
理不尽に命を奪われた方とご遺族のためにも私は『死刑廃止論者』では無いと言い切りますが、キラの後半は頂けない。。代理がやってるとはいえ、マジ過失や悔いてる人達も裁いちゃったらマズイよ。
Lや二アの全てに賛同はできないけど、ね。

テレビアニメ版が10月3日から日本テレビ系で放送されるそうです。たぶん内容が内容なだけに深夜の放送になるのかな。
映画の後編も見たいけど、こっちも要チェック!

--- 追記 ---
後編(11月3日から公開)の前週、10月27日に金曜ロードショー20周年特別企画として、『デスノート(前編)』のテレビ放送が決定しました。

投稿者 aki : 01:55 | コメント (0)

2006年08月21日

ハンカチ王子

夏の高校野球、熱き戦いも今日で終わりました。
決勝再試合、どちらを応援するわけでもないままTVで観戦。でもやっぱり見ていれば燃えるものですね。^^;
甲子園での総投球数948球、汗ではなく、初めての涙を拭ったハンカチ王子もますますファンが増えるのでは?だって その姿も爽やかだったもの。(*^^*)

夜、旦那とTVを見ながら今回の決勝戦の話をしていたら、曰く
旦那 「俺だってハンカチ持ってるから拭くよ~。まぁ、俺の場合は“ハンカチ王子”ならぬ“ハンカチオヤジ”、だけど。」( ̄ー ̄)ニヤリッ
私 「あぁ~、オウジならぬオヤジね。」ヽ(= ´ー)ノ フッ…

世の中にうちの旦那と同じようなオヤジギャグを宣ったおじさん達が一体何人居ただろう?
きっとそんなに少なくは無い…とは思うな。

投稿者 aki : 23:04 | コメント (0)

2006年08月07日

メダカの学校

060807.jpg

赤ちゃんプラティーが気になって、朝、水槽を覗いてみたら産まれたての赤ちゃんプラティーがいっぱい!
大きい奴らの捕食シーンを見てしまい、あまりの残酷さに、放置しておこうと思ったはずの赤ちゃんプラティー救出作戦を決行。
電気を切って、大きいプラティー達と流木をバケツに移し、長いスポイトと捕獲網で追い回すこと1時間、取り残しも居るかもしれないけど取り敢えず救出(?)完了。
おおまかに数えてみたら、稚魚ネットの中にはナント40匹以上!\(◎o◎)/!
1匹での出産にしては多いと思うのだけど…ひょっとして他の雌も産んだのか?
お腹の大きな雌は他にもいるけど、ずぅ~っと大きいままで産む気配もないので、ただの“バルーンタイプ”だと思ってたのに。。彼女が産んだのだとしても、お腹が大きいままなのは何故?!

どちらにしても全数成長したら…水槽がいっぱいになっちゃうよ!
しばらく育てて早めに放流、しかないか。う~・・ん(+o+)

投稿者 aki : 14:42 | コメント (0)

2006年08月05日

プラティー出産!

8月1日のブログに出産間近かも??という話を書きましたが、案の定 流木の陰に居りました。(^^♪
目を凝らして数えてみると4匹残ってるみたいです。出産数は不明ですが。
捕獲しようと試みましたがすばしっこくて断念。追いかけて大きい奴らに食べられるといけないしね。
この調子だとそのうちに水槽いっぱいになってしまうような気がするので、可哀想だけど自然の法則に任せることに。
赤ちゃんプラティーから目が離せなくて、1時間も水槽を凝視してしまっていました。

無事に育つといいなぁ~・・

投稿者 aki : 00:13 | コメント (0)

2006年08月01日

我が家のプラティ~ず

060801.jpg

ペットブログではないですが、ペットの話ばかりになってしまってます。
今日は管理人の可愛がっているプラティー達をご紹介。
動きが早いので画像がカナリぶれてます。(^^ゞ
今年の春に10匹購入しましたが、ものの一週間で半数が☆になってしまい、その後成熟した雌が稚魚を産み、やっと買った当初の10匹まで戻しました。(全部黄色プラティーの子供)
画像には写っていませんが6~7ミリに成長した稚魚が2匹、日々大きい奴らから隠れ・逃れながら生きています。
プラティーはグッピーのような卵胎生メダカなので、卵ではなく稚魚で産みます。
残念ながらお産の後に稚魚を放置しておくと食べちゃうんですよね。。一体何匹餌食になったのか…;´д`)
彼(彼女)等の口に入らないサイズに稚魚が成長するまではこっちが気が抜けません。

また(黄色プラティーの)お腹に赤ちゃんがいるみたいなのでこれからまた楽しみです。(^_^)

投稿者 aki : 19:55 | コメント (0)