« 歳、食いました。(^^ゞ | メイン | 未確認飛行物体 »

2007年11月10日

月に帰ったウサギ

今朝、ウサギのピーター(♀)が月に帰って行きました。
7歳と10ヶ月という兎生でした。。

1年位前から重度のソアホックと乳腺炎の治療をしていたのですが、段々と良くなっているようだったのに…
最近呼吸が荒いなぁとは思っていましたが食欲は有ったので別段心配はしていませんでした。
なのに、一昨日くらいから食が細くなり昨日は朝から全く食べてくれず、朝一に動物病院へ行ったところ低体温だったため栄養剤入り注射を打って帰宅し、部屋を暖かくして彼女のケージを段ボールで保温。
夜もハロゲンヒーターで暖めつつ、翌日も病院に行く予定でした。

朝6時25分頃、隣のケージに居るセンちゃん(ピーターの子♂)が餌の器をカタカタ鳴らすので起きてみると…本当に、彼女の最期でした。
横たわった彼女は「クッ、クッ、クッ」と3回息を漏らした後、動かなくなってしまいました。
呼びかけても身体をさすってももう反応がない、でもまだ身体は温かく柔らかいのに…ひたすら涙が溢れて止まりませんでした。

お医者さんに行くまで、もう少し、ほんの少し、彼女が頑張ってくれてたら…それ以前にもっと早く変化に気がついていた時点で病院に行っていたら…沢山、後悔しています。。
今となってはもう遅いのですが…。

センちゃんはピーターの最後を知らせてくれたのでしょうか。
彼女の最後の一瞬に間に合えた事だけがせめてもの救いです。。
8年弱、出産やら病気やら色んな事があったけど、それも全て素敵な思い出です。
楽しい時間を過ごさせてくれて、本当にありがとう。ピーター。。

10日は新月で帰るお月様が出ていませんでした。
☆になった…と言う方がいいのかもしれません。

投稿者 aki : 2007年11月10日 21:42

コメント

初めましてで突然のコメントごめんなさい。
Materialをお借りしたので、BBSの方に暢気な書き込みをしてから、Blogを拝読しました。

病気に罹ってしまううさぎさんは、病気のケアをしてくれるおかあさんのところに巡り会った運命だと思います。
後悔は、なさらないでもいいと思いますよ◎
きっとしあわせでしょうね。こんな素敵なおかあさんを持ったピーターちゃんは。。。

投稿者 ゆら : 2007年11月13日 00:02

ゆら様、コメントありがとうございます。

私から伝えられなかった事やしてあげられなかった事が一杯有って、まだまだ涙の止まらない日が続きそうです。
行く予定だった病院にも電話をしたら先生もビックリしていました。「そんなに早く病状が変わるなんて。」と。
センちゃんに呼ばれたのか、ピーターが呼んでくれたのか、一瞬で目が覚めて最後の時に間に合うことが出来たのは、後悔ばかりの自分に少しの救いになってます。
いつかは必ず来る“別れ”だと分かっているけれど、何回経験しても辛さは慣れてくれませんね。
小さくても“命”、失う辛さや悲しさ以上に大切さや愛おしさを教えてくれます。

今日の時点でもセンちゃんの名前を呼び間違えたりしてますし、暫くの間は直りませんね。きっと。そして色々思い出すたびに涙が出るでしょう。
でも、忘れちゃいたくないんですよ。辛くても。情が移るとそういうもんなのでしょうか。

投稿者 管理人 : 2007年11月13日 19:38