img
白 クリーム 黄色 淡い緑 水色 淡い青紫 淡いグレー グレー 黒 茶 赤 濃いピンク ピンク

Color Code と Color Name


カラーコードとカラーネームについて

windowsのシステムカラーとmacintoshのシステムカラーには若干の違いがあります。
また、使用しているディスプレイの解像度は全ての人が同じだということはありません。
フルカラーで最大16777216色の表示が可能ですが、画面の環境によっては再現されない色があります。
システムカラー256色表示の環境でブラウジングしている方は少なくなりましたが、皆無ではありません。

8ビットカラー256色のうち、windowsとmacintoshで異なる40色を除いた216色をwebセーフカラーといいます。
webセーフカラーは、RGBの各色をそれぞれ6段階に分けて、それらの組み合わせで出来る色です。16進数で表現した場合、
RGBの各値が00,33,66,99,cc,ff となるものがセーフカラーとなります。
webセーフカラーを使用すれば、表示の際に色が変換されてしまうことが少なくなり、より多くの環境でHP作者の意図通りの色で
表示させることができます。
また、HTMLでは16進数表記の他にカラーネームで色を指定することもできます。
カラーネームによる指定の場合、色名によっては使用OSやブラウザのバージョン等の環境により、正しく表示できないことがあるので
注意してください。
(colorcode・colornameを使用する際の表記は、半角英数字で大文字・小文字どちらでもokです。)

文字色に使用する場合

colorcode → <span style="color : #******;">ここに文字</span>
cssで指定 → body {color : #******;}  <head></head>内に
colorname → <span style="color : カラーネーム;">ここに文字</span>
cssで指定 → body {color : カラーネーム;}  <head></head>内に

背景色に使用する場合

colorcode → <body style="background-color : #******;">〜内容〜</body>
cssで指定 → body { background-color: #******; }  <head></head>内に
colorname → <body style="background-color : カラーネーム;">〜内容〜</body>
cssで指定 → body { background-color: カラーネーム; }  <head></head>内に