『はなちゃん家猫化計画』完遂!

先月26日に同市内のペット可能物件へ引っ越しを致しました。

その前に関東にも雪を伴った寒波がやって来たので、野良猫はなちゃんが無事に寒さを乗り越えてうちの子になってくれるよう、旦那さんが『はなちゃんハウス』を玄関前に設置してくれました。


↑2018年1月23日、こんな雪が降ったので、

↑家のドアの横に旦那さんが箱を設置。

他の住民・通行人の方が「ナニコレ?」と不信がらないように
「中に猫がいます。26日に撤去します。 ○○○号室 ××」と、箱の上に張り紙をして。
寒さをしのぐために古着を沢山詰めた箱に、はなちゃんは早速入って寛いでくれました。(^-^)
案の定、目を引く箱に「何々?」と帰路の学生さん達が見に来て、中にはなちゃんが居るのを確認。
「26日に撤去しちゃうんだ~」と言っていた。(猫共々、だけど(^^; ね。)
同じアパートの方々には事前に「引っ越す際に連れて行く」という旨を話していたので、無事に連れて行けるようにと箱への理解を頂いた。

何とか26日、引っ越し当日。
朝早く、引っ越し業者が来る前に はなちゃんをキャリーに入れてしまえば良かったのに、ここまで信頼を構築したから大丈夫だろう・・等という安易な安心感から悠長に構えていたら、玄関近くに接近した業者のでっかいトラックにビックリして、はなちゃん逃走!
キャリーと餌を持って誘き寄せようとするも、どんどんと遠くに離れて行ってしまった。。
暫くあちこち探してみたけど、何処へ行ってしまったやら…
捕獲失敗に情けないやら焦るやら、途方に暮れながらも引っ越し作業は粛々と進行…。

当日午後4時に退去立会いに管理会社の担当と待ち合わせしていたので、その時がチャンス!とその場は諦めることに。
新居に荷物の運び込みが終わって、電気やら水道やら諸々が少し落ち着いてから、はなちゃんを探しに3時半頃前住所の駐車場に車を停めようとしたら、
…はなちゃん、居たぁぁぁぁ~~!
車に向かって駆け寄ってきた姿に嬉しくて感無量!!
(うちの青い車をちゃんと認知しているお利口さん♪既に親バカ)
車のドアを開けて、(無理やり(^-^;)中に誘導すると、なおなおと大声で鳴かれてすご~く可哀そうなことをしているような気持ち…
いやいや、彼をうちの子にするには心を鬼にしてキャリーに入れなければならない!
実はこの後、新居でのはなちゃんの居場所、3段ケージとキャットタワーを作るために、動物病院に一泊予約が入っている。
ケージを作らないと、ウサギのいなばさん(もうすぐ10歳)にも危険が及ぶので、自分らの片付けより何よりも最優先事項。

旦那さんが立会いのために車を出てアパートへ。
しかし、立会いの間20分位捕獲を試みても、車内を縦横無尽にスルリとかわしてはなちゃんはキャリーに入ってくれない。
立会いが終わって旦那さんが車に乗り込む。
更に20分、二人掛かりでも捕まえられない。
どうしたものやらと、はなちゃんに
「お願い、うちの子になるために入って…。」と言ってみる。
…!!!えええええ???通じたのか?はなちゃんがキャリーにゆっくりと入ってくれた!神様!有難う!!
無事に動物病院に連行…いえ、連れて行く事が出来ました。( ;∀;)

転勤で県外への引っ越しだったら、立会いは荷物の搬出が終わった時点ですぐやるので、捕獲の再チャンスなんて無かっただろうに、本当にこの度は色んな事に感謝したいくらいラッキーだったと思う。


↑こんな感じで出来ました。

そして昨日、素人では難しいかなとペットショップにシャンプーをお願いして、毛の奥深い汚れからも綺麗になって、無事に『はなちゃん家猫化計画』が完了致しました。
なおなおと超煩い(おしゃべり、と言った方が良いかな?声もでかいし(;^_^A)割に臆病者のはなちゃん、数ヶ月日参及び私の餌付けという縁でうちの子になったけど、今、幸せなのかなぁ~?
今日のはなちゃんは、こんな感じ。

のびのび~っと寝てるし。これはこれで幸せ、なのかな。
ウサギのいなばさんとの関係は、またそのうちに。